看護師が転職をするときに役立つサイト

看護師として働くオススメの科

 

看護師として働くといってもどの科に勤めるかによってその特徴は大きく異なります。業務内容や厳しさの違いやどういったスキルを身に付けることができるか、などそれぞれの科の特徴を押さえておくと就職してから「こんなはずではなかった」という事態に陥ることを避けることができます。以下では、数ある看護師の科の中からオススメの科をご紹介したいと思います。

 

1.ICU
ドラマなどの舞台としてたびたび目にするICU(集中治療室)は、看護師のスキルやキャリアを磨く上では欠かすことのできない科です。ICUにはあらゆる症状の患者さんが運ばれ、それに短時間で対処する必要があるため、医師・看護師ともに常に緊張感を持った中で仕事を行います。
そのため、様々な分野へのスキル・経験を得ることができ、ICUから異動になる時はどの科に配属されても良い状態となっていることも少なくありません。

 

2.外科
外科の魅力は、急患の対処をたびたび行うことから臨機応変に対応する力が身に付く点です。また、手術の前後を身近にチェックすることができるのも外科の特徴です。

 

3.眼科・皮膚科
眼科や皮膚科は、上記の2つとは違った意味で人気の高い科です。1つの理由としては、患者さんの命に関わる症例が少なく、亡くなる場面に立ち会わなくて良いことが多いという点が挙げられます。また、勤務の時間等も他の科に比べると、夜勤や朝勤が少なく子育て中のお母さんや家庭の仕事が忙しい方であっても十分に勤めることができます。

 
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ